企業理念

弊社は2017年に設立された、ネットビジネスを主軸とした営利企業です。
弊社のコンセプト…それはズバリ!「楽しめるサイト作り」と言えます。

現在、日本国内における「ポータルサイト運営企業」としてもっとも有名なのは、
皆さまもご承知の通り”Yahoo!”であり”Google”の「二大企業」でしょう。
また最近では、Windows10の普及によってもたらされた、同オフィスソフトに
標準装備された「Microsoft Edge」などが台頭してきてはいますが…

ともあれネットビジネスとは、主にこれらブラウザを利用した広告展開で収益を
挙げる行為である、と言えると思います。もちろん違う形のものもありますが…
Yahoo!やGoogleといった大企業はその叡智の限りを尽くして常に「規約変更」を
行ったり、アルゴリズムを変動させる事で検索エンジンの適正化を図っています。
彼らのコンセプトは「訪れるユーザーにとって有用性のあるもの」「ユーザーの
ためになるもの」が常にあり、その目的の手段として適正化を図っているとも言
えます。
ではこの「有用性のあるもの」とか「ユーザーのためになるもの」というのは
具体的にどのようなものなのでしょうか?

これはかなり”大雑把”な表現であり、むしろそうすることが彼らにとっても都合の
良いようにも思えます。有用性とかためになる等というものは、訪れたユーザーの
主観によって決まってくるものだからです。どのような内容のコンテンツでも、
訪れたユーザーが有意義であったと感じるならば、それは有用性があったと言え
ますし、逆にユーザーが有意義ではなかったと思えば、どんなに有意義な情報や
コンテンツがぎっしり詰まったサイトであっても、それはそのユーザーにとって
は”ためにならなかったサイトである”…と極論ですが言えるからです。

私たち一企業がネットビジネスを営んで行く上で、そのサービスを利用させて
頂いているYahoo!やGoogleの企業方針(意向)に従わなければ、もはや我々は
ネット営業することはほぼ不可能と言えます。
とは言え、弊社としてはこの二大企業が掲げる上記のようなあまりにも曖昧で
抽象的すぎる指針に同調するつもりはありません。

そこで、冒頭にもお伝えした通り弊社の企業理念は「楽しいサイト作り」です。
これは、訪れたユーザーにとってためになったかどうか、有用性があったかどうか
を基準にしたサイト(ブログ)を作成するのではなく、訪れたユーザーが楽しいと
思え
るサイトだったか、そこにユーモア性があったかどうかを主流にしたサイトを
作ろうという趣旨のものです。
何故ならそれが他のサイトやブログとの差別化にも繋がり、そして何よりもユー
ザーが楽しめたのであれば、それはある意味そのユーザーにとってためになった、
つまりは”有用性があった”とイコールだと考えるからです。

例えば自社作成のサイト内に、他のサイトではほぼ見られないようなコンテンツを
置いたりとか、他のサイトにない情報を発信したりという”施し”をすることです。
また検索エンジンは、どちらかと言えば”静”と言えます。例えばYoutubeなどは
”動”ですし、インスタグラムは”静+動”と言えると思います。ですからその”静”
であるYahoo!やGoogleの検索エンジンに”動”を施した弊社のサイトをアップすれ
ば、それはもはや立派な他のサイトとの差別化につながるサイトと言えるのでは
ないか…と考える訳です。

具体的な手法は”企業秘密”ですので(笑)ここではそれがどのようなサイトであるか
ということは明かせませんが、今後検索エンジンでこれまでとは明らかにちょっと
違った、他のサイトとは何かが異なる空間を醸し出すサイトがチラホラと出現して
くることでしょう。そんなサイトをじっくりと見て検証してみてください。
そのサイト内に、”弊社の名前”が掲げられていることでしょう(笑)
これが弊社のサイト作成(=ビジネス)のコンセプトとなっております。

 

2018年6月14日/よろずインフォメーションサービス CEO:MASAMI MIZOI

投稿日:

Copyright© よろずインターネットサービス(YIS) , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.